CDと生演奏。

Category: 未分類  

CDはもはや誰でも安く作れる時代だ。昔レコードを製作するにはとにかく費用がかさんで多くの音楽家が自分の演奏を記録できずに消えていった。今ではCDを作ってもミュージシャンの名刺として使われる事が多い。多少稚拙な出来でもサウンドのクオリティーがカバーしてくれる今の録音技術には色々と助けられているが規模の大きなライブでは生音なのかクチパクなのか分からない時がある。
やはり目の前で繰り広げられるアクロバットの様な演奏者の指や体の動き、めくるめく生音の洪水はCDの音源から得ることが出来ない貴重な瞬間だ。音楽は生にかぎる。
J-歌謡とBluesの夜
 2009_09_09


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.