家具としての音楽

Category: 未分類  

音楽家の中には物書きの才能に恵まれた人も多い。フランスの作曲家エリックサティは自身の音楽を詳細に文章で表現する事を好んだ作曲家の一人だ。彼は自身の音楽を家具の様なものと位置付け、聴衆に真剣に聞かないように求めていたらしい。音楽も色々な使われ方があるが聴衆に何も求めない演奏やコンサートもまたそれなりに存在価値がある。すべての音楽が感動的で強いインパクトを持つ必要性はない、すべての音楽はみな平等に存在価値があるのだから。
 フリービーピアノで歌おう
http://freebee8.com/newpage3.html
 2009_09_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.