ジャズはミスが多くていいのだ!

Category: 未分類  

ひさしぶりにマイルスデビスのCDを聞いていたら頭が痛くなった。どうやらあまりのミスのおおさに音楽脳が過剰反応したらしい。30年前に聞いた時は何とも感じなかったが耳も時代とともに変化している様だ。ジャズはミスの多い演奏に人気が集まるらしいが現代音楽に必要な不確実性を兼ね備える
不思議な魔力をもつ音楽だ。ジャズの即興は本質的にはクラシックの変奏曲の色合いが強いが演奏者のイマジネーションでいくらでも創造的に変化する。同時性を大切にしたい。
セロニアスモンク協会
ザフリービー
 2009_08_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.