最近大学や短大の経営破たんの噂を耳にする。団塊の世代が高齢化し子供の数は激減。教育が仕事になったのも遠い昔の話。
仕事=お金を儲ける事だ。一銭にもならないライブ演奏など単なる趣味に間違いはあるまい。一流バンド演奏家の証はTVや一流タレントのバックバンドに入る事だった。いまだにその現実は変らない。有能なプレーヤーは引き抜かれてドンドンいいバンドへ入団する。当然ギャラもあがる。もう一つ大事な適性は歌伴の能力である。これは楽器に関係なく重要だ。読譜力、テンポ感、タイミング良くアドリブするセンスが要求される。殆どの一流プレーヤーは有名歌手のバックバンドからキャリアをスタートする。最近はプロアマ混合の舞台が多くなってきたがプロはプロとしか演奏する必要のなかった時代を経験出来たミュージシャンは幸運だと思う。年の功も悪くないもんだ。さて2018年音楽シーンはどう変化していくのだろうか。
今年一年ありがとうございました。篠田道朗
 2017_12_31


音楽語法

Category: 音楽学  

音楽語法なんてどうでもいい。音楽は気持ちよければ。確かに正論だが音楽学をかじった者にとって演奏者の音楽の作り方を知ることはとても大切な事である。一流ミュージシャンの殆どは音楽理論や作曲の技法にも秀でている。アメリカの歴史的ジャズ音楽家ジョンコルトレーンとディジーガレスピーが同じ音楽学校出身であることはあまり知られていない。
ロシアからアメリカに亡命した音楽家達が生活のために音楽学校を始めたおかげでモダンジャズもクラシックに勝るとも劣らないユニークな存在価値を得る事が出来たのだろう。
 2017_12_03



芸術を代表する文学それから絵画、彫刻、音楽、それぞれに適切な箱が大切だ。文学にはそれらをゆったり楽しめる住環境(別荘や書斎、暇な時間)、絵画や彫刻にはミュージアム、音楽にはオペラハウスやライブハウスが必要だ。ヨーロッパから出稼ぎに来た有名画家の絵や彫刻に興味はない、文学作品は老後の楽しみだ。音楽の楽しさは演奏される場所(空間)と人間の多様性にあると思う。立川や福生のミニクラブにあった壊れたピアノで弾く客の歌伴、悪酔いした客の罵声。新宿の老舗ダンスホールの薄暗い通路の意味不明なろくでもない落書き。クビになったドラムに変わって不規則にリズムを刻むドンカマ。すべてが音楽のスパイスになる。社会が2極化しつつあるいま、場末を見つけ出す事が困難になりつつある。悪の温床にもなり得る場末だが中身の濃い文化を生み出す生命力を秘めている。新潟には裏日本一の赤線地帯があった事をご存知の方も多いのでは?
新宿ゴールデン街
 2017_11_21



気合。柔道や空手みたいだが音楽にも絶対必要だ。ソロは自分との戦い。アンサンブルは格闘技に似ている。でも違いは相手のフィーリングを理解する事。だから相手を知ることが大事。ジャズを知るにはアメリカの文化を。j-POPを楽しむには若者のファッションを。音楽ジャンルの垣根が崩壊しつつある今、多くの音楽愛好家は道先案内人を探し初めている。自分自身もその一人に違いない。良い音楽? 
 2017_11_11



音楽家は立ち話が大好き。というのも重要な意味を持つからだ。プロミュージシャンの多くは巷の噂(Talk of the town)から仕事の情報を得る。音楽家がハローワークや人材派遣のシステムから仕事(報酬を貰える)を見つけ出す事は100%ありえない(ときたまブライダル等を見かけることもあるが)。そのノウハウをばらす訳には行かないが音楽家達の多くは仕事を求めてに旅に出る。クラシックの世界でもいわゆる楽派(SCHOOL)は活動(生活)の拠点を移した音楽家達によって形成された。あのモーツァルトもドイツのマンハイムへ仕事を求めて渡るが当時ハイドン一辺倒のマンハイム楽派の風潮に馴染めず(雇用されず)すごすごと引き返す事になる。新潟市の音楽イベント「ジャズストリート」には県外(東京からも)から多くの参加者がやってくる。すでに楽派は確立された感がある。先日あるレストランの経営者の方と世間話をしていたら「ジャズ」のネーミングはお客集めに効果があるとのこと。嬉しいような怖いような。でも新潟に誕生したジャズの楽派は新しい音楽文化を育むパワーを秘めているのかも知れない。

 2017_10_12




01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.