最近クラシックストリートの演奏の練習をしていて思うことは音楽は言葉だなと思う。どんな音でも言葉にしなければ!音楽ファンの多くは音楽から発せられるメッセージを感じ取る。歌詞だけがメッセージを伝える訳ではない。でもシンガーの表現するメロディーと詩の世界に誰が太刀打ちできるのだろうか。皆がカラオケするのもうなずける。音楽を能動的に捉える人が多くなってきた。
 2017_04_20


何でも屋

Category: 音楽学  

ジャムセッション=腕自慢と思われる方が殆どだが、専門外の楽器を演奏してみると結構楽しい。管楽器以外は殆ど演奏してみたが気持ちいいのはやはり歌だ。ところで器楽奏者には名シンガーも多い、グラディテイト(ドラマー)、レイパーカーJr(ギター)、ジョージシアリング(ピアノ)、素朴な歌を歌う名トランペッターケニードーハム、バディリッチ(ドラマー)まだまだいる。個人的に崇拝する女性シンガーカレンカーペンターは名ドラマーで多くのドラマーが影響を受けている。音楽の楽しみ方も一極(一曲)集中タイプ、何でも演ってみようタイプそれぞれだ。三味線ジャズなんてプレイしてみたい今日この頃である。
 2017_04_09



立ち上げ当時から指導に参加している新潟ジュニアジャズオーケストラのスプリングコンサート。ベース奏者がいないので急遽演奏を手伝うことになった。昔取った杵柄とはいえベースの役目はテンポキープ、ドラムとのコンビネーションと一筋縄ではいかぬ。60点位の出来かと思う。でも世代の違う子供達と演奏出来るのも役得かもしれないが。


 2017_03_29



最近あちこちで催されているジャムセッション。クラシック音楽の世界からはその姿を消し(楽譜に対する絶対的価値観の為。)ジャズのお家芸と化した即興演奏ージャムセッション。コンサートよりセッションに人気が集まる傾向もジャズが行動形(カラオケや歌声喫茶に通じる。)の音楽である事の証明だろう。新潟でも東京都内の様に仕事帰りに軽くビールでも飲みながらジャムセッションなんて粋な風情のサラリーマンもいらっしゃる様だ。戦後60年ジャズが根付くのはこれからなのかもしれない。
古町の老舗喫茶店パルムにてセッション中。


 2017_03_17



インストラクターも時には生徒さんのライブに顔を出さないといけない。
今日は女性ジャズピアノの生徒さんが参加するライブを聞いた。
ジャズピアノはアンサンブルなのでサポートがとても重要だ
みなさんレッスン中とは全く違うサウンドを奏でてくれるのでとてもエキサイティングだ。
即興演奏は本当に楽しい。
演奏後の1ショット

演奏後のジャムセッション


 2017_03_06




04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.