時代と共に文化ー音楽ー絵画ー演劇etc,は生まれ、繁栄し、衰退し、固定される。音楽は無形(intangible asset)で手で触る事の出来ない芸術である。ロックはオペラにも匹敵する総合芸術として世界の中心に今も君臨している。さて来る9月23日(土)PM8時がらjazz flushでコルトレーンの音楽を演奏する。所謂歌物やスタンダードと異なるコルトレーンの音楽にはベースに黒人の直面していた社会情勢やヨーロッパの音楽に対する嫌悪。アフリカへの回帰願望等いまのアフロアメリカンには時代錯誤かも知れない部分もたたある。高校時代に耳をつんざくほどの大きさで聞いたコルトレーンやディープパープル、そして高田渡や吉田拓郎。コルトレーンのグループの既成の枠組み取り去った演奏理念には即興演奏の本来の姿がある。
森下清コルトレーンバンド
日時 9月23日(日)PM8時
会場Jazz flash(jazzflash ホームページ)
料金¥2.000(1ドリンク付き)
出演者 森下清(Ts)篠田道朗(Pf)文川潤(B)ジョージエドワーズ(Dr)
 2017_09_21



音楽を語る事と楽しむ事は違う。音楽はあくまで音を楽しむ事が基本であると思う。演奏者から見ると良い聞き手と感心しない聞き手がいる。演奏家を育てるのは聴衆の皆様方である。音楽学を多少学んだ為かもしれないが、所謂日曜批評家的に演奏を論じる方々(スノッブ)が増えている様だ。演奏家は聞き手の反応に非常に敏感な生き物だ。心ない一言で良くもなり悪くもなる。
なにはともあれ静かに聴いてくれるお客様が一番。
 フリービーライブ
 2017_09_20



音楽を教える仕事に携わって40年以上が経った。大手音楽教室や専門学校、短大等の講師を経験し今は独立している。
良い選手は必ずしも優れた指導者ならずとスポーツの世界ではよく言われる。音楽もしかり。優れた指導者になるのは難しい。クラシック音楽が数100年の時を経て生き残っているのも優れた教育システムと指導者の情熱の賜物に違いない。演奏者のみならず聞き手に対する啓蒙も新しいファンを作り出す上で大切だと思う。人を感心させる演奏と感動させる演奏は別物。やはり人の心を動かせたらいいと思う。この人に出会えて良かったと思うレスナーを目指すのも意味のある事だと思う。演奏経験と良いレスナーは全く似て非なるもの。音楽教室業も奥が深い。
 2017_09_18



最近75歳以上の方がたのつどう集まり(ふれいあい集い)で新潟のポピュラー音楽界のパイオニア鍋谷毅さんとお会いする機会があった。中学の時に音楽の担任をされていてその達者なピアノの腕前と熱意に驚かされた思い出がある。
今の音楽を取り巻く状況などを相変わらずの歯に絹を着せない口調でおっしゃっていた。音楽の価値とは?是非考えていかなくてはならない。そして音楽家は理論家でなければ。出る杭はうたれる。The nail sticks out is hammered down. でも恐れてはいけない。アメリカの実験音楽、ジョンケージ、ミニマルミュージック、jazz、所謂前衛音楽は民族音楽である。ジャズも歌謡曲も民謡もシュトックハウゼンもみんな兄弟。形骸化した西洋音楽至上主義なんて時代錯誤もイイトコ。でもジャズのクラシック化もいただけない。アーティストは自由が生命線だ。
 2017_09_15



芸術の秋。文化、芸術を振興し育むために色々な自治体、団体が力をそそいでいる。ジャズの本場アメリカ。特にニューヨークのジャズモービル(文化財団)は多くの若者に音楽家になるチャンスを与え、セロアスモンクコンペティションはまさにジャズ界のチャイコフスキーコンクールに恥じないスター演奏家を輩出している。日本各地でアマチュアのジャズオーケストラが活動しているが、社会人、大学生のものが多い。ところで新潟でも次の世代を担う子供達のジャズオケができて5年が過ぎた継続は力なり私も指導に携わっているが少しずつ成長していると思う。
詳細
新潟ジャズストリート
 2017_09_15




08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.