sit in

Category: 音楽学  

sit in-何も座り込みの事ではない。ライブやコンサートの合間に演奏させてもらうことを意味する。ただしお客さんがいるのであまり下手な演奏はできない。でも自分のライブやコンサートと違う緊張感が味わえる。また行こうかな。


 2017_05_22



新潟クラシックストリート無事?終了。今回はダンスがテーマというう事もありピアノ独奏は南米の作曲家の作品を選んでみた。結果は指はもつれるは暗譜したはずの曲は忘れるは惨憺たるもの。でも挑戦していくのは音楽家の宿命。失敗や負け、恥をかく事は次への大きなステップ。楽しんでいこう。


 2017_05_06



新潟のクラシック演奏家が集結!
今年は南米の作曲家ビラロボスの曲にチャレンジ!
新潟クラシックストリート
日時 5月5日(金)PM6時30分~
西堀前通り3 ジャズ喫茶A7にて
出演 ザ・フリービー篠田道朗(ピアノ)

野ノ村のりこ(ソプラノ)森下清(テナーサックス)
曲目 ビラロボス作曲/エチュードNo,1ホ短調、ショーロスNo,1、アルベニス作曲/カタロニア
グノー作曲/アベマリア
フレデリックロウ作曲/I could have danced all night 他

新潟クラシックストリートwebsite




 2017_05_02



最近クラシックストリートの演奏の練習をしていて思うことは音楽は言葉だなと思う。どんな音でも言葉にしなければ!音楽ファンの多くは音楽から発せられるメッセージを感じ取る。歌詞だけがメッセージを伝える訳ではない。でもシンガーの表現するメロディーと詩の世界に誰が太刀打ちできるのだろうか。皆がカラオケするのもうなずける。音楽を能動的に捉える人が多くなってきた。
 2017_04_20


何でも屋

Category: 音楽学  

ジャムセッション=腕自慢と思われる方が殆どだが、専門外の楽器を演奏してみると結構楽しい。管楽器以外は殆ど演奏してみたが気持ちいいのはやはり歌だ。ところで器楽奏者には名シンガーも多い、グラディテイト(ドラマー)、レイパーカーJr(ギター)、ジョージシアリング(ピアノ)、素朴な歌を歌う名トランペッターケニードーハム、バディリッチ(ドラマー)まだまだいる。個人的に崇拝する女性シンガーカレンカーペンターは名ドラマーで多くのドラマーが影響を受けている。音楽の楽しみ方も一極(一曲)集中タイプ、何でも演ってみようタイプそれぞれだ。三味線ジャズなんてプレイしてみたい今日この頃である。
 2017_04_09




04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.