最近あちこちで催されているジャムセッション。クラシック音楽の世界からはその姿を消し(楽譜に対する絶対的価値観の為。)ジャズのお家芸と化した即興演奏ージャムセッション。コンサートよりセッションに人気が集まる傾向もジャズが行動形(カラオケや歌声喫茶に通じる。)の音楽である事の証明だろう。新潟でも東京都内の様に仕事帰りに軽くビールでも飲みながらジャムセッションなんて粋な風情のサラリーマンもいらっしゃる様だ。戦後60年ジャズが根付くのはこれからなのかもしれない。
古町の老舗喫茶店パルムにてセッション中。


 2017_03_17



インストラクターも時には生徒さんのライブに顔を出さないといけない。
今日は女性ジャズピアノの生徒さんが参加するライブを聞いた。
ジャズピアノはアンサンブルなのでサポートがとても重要だ
みなさんレッスン中とは全く違うサウンドを奏でてくれるのでとてもエキサイティングだ。
即興演奏は本当に楽しい。
演奏後の1ショット

演奏後のジャムセッション


 2017_03_06



芸術を代表する文学それから絵画、彫刻、音楽、それぞれに適切な箱が必要だ。文学にはそれらをゆったり楽しめる住環境(別荘や書斎、暇な時間)、絵画や彫刻にはミュージアム、音楽にはオペラハウスやライブハウス。音楽の楽しさは演奏される場所(空間)と人間の多様性にあると思う。一流ジャズクラブやホテルで演奏される曲より立川や福生のミニクラブにあった壊れたピアノで弾く客の歌伴、悪酔いした客の罵声。新宿の老舗ダンスホールの薄暗い通路の意味不明なろくでもない落書き。クビになったドラムに変わって不規則にリズムを刻むドンカマ。すべてが音楽のスパイスになる。社会が2極化しつつあるいま、場末を見つけ出す事が困難になりつつある。悪の温床にもなり得る場末だが中身の濃い文化を生み出す生命力を秘めている。新潟には裏日本一の赤線地帯があった事をご存知の方も多いのでは?新潟のジャズの源流もそんな新潟の風俗の歴史と無関係ではない。
新宿ゴールデン街
 2017_03_03



最近ニュースで京都府の英語の教員の20%しかTOEIC730点をクリアーできていないとの記事をみた。私的には英語を教えるにはTOEIC800点以上で英検準1級以上がボトムラインだと思うのだが。さて音楽のレッスンとなると話はより複雑だ。現在の多種多様なジャンルにも精通していなければいけないし、アカデミックな知識、経験、対人関係能力も必要だ。勿論演奏会やライブ活動も活発に行わなければいけない。古代ギリシャ哲学者達が音楽を崇高な哲学に位置付けたのも納得のいくことだ。音楽哲学に定年はない。
 2017_02_10



気が付いたら28回目のジャズストリート
寒さに負けずGo!
1月21日(土)
コーヒーショップ 器
営所通1
025-229-5239
12:00-13:00
なお・さいとう&ザ・コルドン・ブルー
小島慎二(g) 篠田道朗(p) 亀田幸典(b) なお・さいとう(ds)

ジャズ喫茶 A7
西堀前通 3
025-224-9610
The mojo
15:00-16:00
渡辺カツシ(vo) 篠田道朗(p) 小島慎二(g) 野ノ村のりこ(ピアニカ)

ザ・フリービー
18:00-19:00
篠田道朗(p) 野ノ村のりこ(vo) 森下清(ts)
新潟ジャズストリートホームページ
 2017_01_15




02  « 2017_03 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.