> フリービーの一言
FC2ブログ



ふとしたことで友人が昔のフリービーの演奏をyoutubeにアップしてくれた。今の自分と比べると何か新鮮なものを感じる。何故かドラムをたたいている自分の姿(陰に隠れている)が微笑ましい。若かりし頃ののり子さんの歌も聞きものだ。Enjoy!

top pageへ
 2019_03_26



4月17日の日曜日に新潟市内のライブハウスflashさんに出演。2人合わせて130才を超えるベテランのデュオ。色々なスタイルを弾きわけ吹きわける。得意の楽曲解説に興じる私とじっと聞き入るテナーサックスの森下氏。暖かく見守ってくださったお客様に感謝です。
熱演中の篠田・森下

べしゃり中の篠田

top pageへ
 2019_03_25



春ももうすぐそこ!
泣きのテナーと饒舌なピアノのライブ。
篠田道朗(piano)&森下清(T,sax)Duo
会場Flash (025)224-4518
(東堀通5番町440小林ビル1階)
19:00~
料金2,000円(1Drink付)
top pageへ
 2019_03_17


Jam session

Category: 音楽学  

東京都内のジャムセッションに参加する。今回は欲張って3箇所参加してきた。日曜日昼、錦糸町にあるJ-FLOWに行く。サックスの参加者が多かったがベースの好サポートでみんな安心して(私も)のびのび演奏していた。そしてそそくさとジャムセッションのバトルフィールド高田馬場イントロへ。夜中の12時までのノンストップジャム。入るやいなやプロアマまったく区別のつかない音の嵐。この手のセッションは結構苦手なのだが次から次へと個性豊かな演奏者が登場するので飽きない。自分の番が来てもすでにネタが出尽くしているので適当にやり過ごす。夜の10時を過ぎるとさすが東京!そうそうたるジャズミュージシャンが出没するではないか、そしてホテルでスリープ。翌日は気を取り直して新橋のcotton clubへ。前夜のイントロのサポートメンバーがベース、ピアノは若手の寺井優樹君。れいによってドラマーオーナーの串茂さんのご指名でドラムのポジションへ。ドラムのポジションから聞こえるベース&ピアノの響きは絶妙でした。
top pageへ
 2019_03_01



木枯らし吹きすさぶ1月の日曜日。ジャズワークショップat 喫茶スワン。今回は結構わかっているようでわからないブルースがテーマ。ゲストレクチャラーはアメリカの土着ブルース音楽に造詣のあつい長谷川裕二氏。ジャズ(Be-bop)ではブルースは細分化されたコードがやや急速なテンポで展開される事が多い。真逆の土着ブルースについて色々伺ってみた。3コードの使い方にもビーバッツプと異なる様式感が存在するとの事。私の突込みにもしっかり音で返してくれた。今回の受講者の感想はブルース=ブルース。ジャズブルース=ビーバップに落ち着いた。初心者には難しい内容にもかかわらず分かりやすいトークと演奏で盛り上げてくれたブルースマン長谷川裕二さんにmany thanx! photo by miyamura
クリニックの様にあそこがいい悪い、うまい下手に関係なく問題をあぶり出し話合えるのがワークショップのよい所だろう。

top pageへ
 2019_02_09




03  « 2019_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

篠田道朗

Author:篠田道朗
Musician
Musicologist
国立音楽大学
音楽学専攻
ジャズ、ポップス
クラシック多彩な
レッスンを行っています。
Welcom to my facebook

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.